越境EC・国内ECのマーケティングのヒントを公開する情報サイト【エールマガジン】        

最新記事

ロレアルの上半期の電子商取引チャネルの成長率は64.6%に達した   

  ロレアル社が本日発表した2020年上半期の財務報告書によると、今年上半期のロレアル電子商取引の成長率は64.6%と最高を記録し、中国と米国地域のオンライン販売は2倍になった。しかし、航空小売業の低水準はロレアルの旅行小売業に深刻な影響を与え続けている。 具体的には、ロレアルの売上高は前年同期比11.7%減の1087億4100万元となり、為替レートなどの影響を除いて前年同期比11.4%減となった。このうち第2四半期の売上高は486.22億元で前年同期比18.8%減となった。 今年上半期、全世界の各地域での売上高の下落率は10ポイント近くになり、アジア太平洋地域だけが中国市場の成長に支えられ、全体の売上高は3.9%の減少にとどまった。活性化粧品部門もロレアルが唯一業績を伸ばした部門であり、全グループの売上高に貢献したのは3割弱、全体の28.9%を占めている。 実際、ロレアル社は財務報告書でも中国市場の重要さを強調した。中国市場は第2四半期に30%、同市場は今年上半期に17.5%成長した。 各部分の状況について、ロレアルは、高級化粧品部門と専門製品部門が相対的に安定した活動を維持することに成功したのは、主に電子商取引のおかげだと表明した。 引用:https://www.ebrun.com/20200801/395550.shtml 【エールジャパン】-越境ECページはこちら- 【エールジャパン】-補助金ページはこちら-

( 続きを読む)