越境EC・国内ECのマーケティングのヒントを公開する情報サイト【エールマガジン】        

最新記事

【天猫国際】1-5月に導入した新ブランドの成長率は前年同期比64%増   

  独身の日まで4ヶ月となりました。背景には、新型コロナウイルスによる影響で消費が大きく落ち込んでいましたが、リベンジ消費となり、大幅な売上向上につながっています。そんな、中国越境ECの天猫国際の直近の動向について見ていきましょう。独身の日に向けて重要な情報になります。 目次 【天猫国際】直近の動向 新型コロナウイルスが天猫国際に与えた影響 オンライン優勢 天猫国際の新政策 【天猫国際】直近の動向 7月7日の天猫国際情報によると、1~5月の天猫国際に新しく導入した新ブランドの成長率は前年同期比約64%が増加しました。今年618の期間中に、海外ブランドの売上は前年と比べて43%増加し、欧米、日韓、東南アジアなど4000以上の海外ブランドは前年と比べて約2倍増加している。 新型コロナウイルスが天猫国際に与えた影響 米国の環境保護ファッションブランド「エバーレーン」は昨年8月に、「天猫国際」を通じて中国に本格的に進出した。新型コロナウィルスの感染拡大により、現地のオフライン業務に深刻な影響を与えている。「エバーレーン」は今年3月中旬以降、米国内の6店舗をすべて閉鎖し、天猫国際の越境EC事業に参入している。「エバーレーン」社の今年3 ~6月の中国市場での実績は、前年同期と比べ3桁台の高速成長が実現されている。618期間の売上高は4月と5月の合計を超える。 また、韓国のファッションブランドADLV (Acme de la vie)は昨年10月に天猫国際に参入し、新型コロナウィルスの影響により、オフライン業務は今年3月の売上が18%減少している。618期間中、ブランドは生放送を通じて2800万人以上の注目を集め、5秒間で1万件の在庫を販売した。 オンライン優勢 日本のホームプロダクトブランドUONI由利は今年、天猫618のために新たな生産ラインを作り出し、6月1日の初販売日の売り上げは昨年のダブル11より30倍を増加した。マレーシアのスリッパブランドFipperはオフライン店舗の販売が50%減少し、618期間には5月の売上より320%増加した。 天猫国際の新政策 独身の日に向けて重要な事は2点あります。 今年に入ってから、天猫国際は多くの新しい政策を発表し、海外ブランドの参入を助力している。2月、天猫国際は海外事業者の育成策を発表し、事業者の運営コストを下げた。4月、天猫国際オンライン店舗に参入するプロセスを簡化し、事業者にブランド、マーケティングなどの運営戦略を支援すると発表した。 【エールジャパン】-越境ECページはこちら- 【エールジャパン】-補助金ページはこちら-

( 続きを読む)


ロレアルの上半期の電子商取引チャネルの成長率は64.6%に達した   

  ロレアル社が本日発表した2020年上半期の財務報告書によると、今年上半期のロレアル電子商取引の成長率は64.6%と最高を記録し、中国と米国地域のオンライン販売は2倍になった。しかし、航空小売業の低水準はロレアルの旅行小売業に深刻な影響を与え続けている。 具体的には、ロレアルの売上高は前年同期比11.7%減の1087億4100万元となり、為替レートなどの影響を除いて前年同期比11.4%減となった。このうち第2四半期の売上高は486.22億元で前年同期比18.8%減となった。 今年上半期、全世界の各地域での売上高の下落率は10ポイント近くになり、アジア太平洋地域だけが中国市場の成長に支えられ、全体の売上高は3.9%の減少にとどまった。活性化粧品部門もロレアルが唯一業績を伸ばした部門であり、全グループの売上高に貢献したのは3割弱、全体の28.9%を占めている。 実際、ロレアル社は財務報告書でも中国市場の重要さを強調した。中国市場は第2四半期に30%、同市場は今年上半期に17.5%成長した。 各部分の状況について、ロレアルは、高級化粧品部門と専門製品部門が相対的に安定した活動を維持することに成功したのは、主に電子商取引のおかげだと表明した。 引用:https://www.ebrun.com/20200801/395550.shtml 【エールジャパン】-越境ECページはこちら- 【エールジャパン】-補助金ページはこちら-

( 続きを読む)


第三回「進博会」が開かれ、海外ブランドが天猫国際に進出   

  独身の日まで3ヶ月となりました。背景には、新型コロナウイルスによる影響で消費が大きく落ち込んでいましたが、リベンジ消費となり、大幅な売上向上につながっています。そんな、中国越境ECの天猫国際の直近の動向について見ていきましょう。独身の日に向けて重要な情報になります。 目次 「進博会」とは? 新ブランドの出店 オンライン優勢 天猫国際の新政策 まとめ 「進博会」とは? 中国国際輸入博覧会のことである。世界初の国際ブランドの輸入をテーマにする国家級展示会であり、貿易自由化と経済のグローバル化を支持し、自ら世界に市場を開放することを目標としている。 新ブランドの出店 天猫国際は中国国際輸入博覧会と縁が深く、第一回進博会に天猫国際は大麦ブランドと共同で「天猫国際世界妙物紀音楽祭」を開催した。 当時、天猫国際はメトロ、インテル、MTG、ヘンケル、レブロンなどを含めた200以上のブランドを推薦し進博会に参加し、一連のオフラインイベントを展開した。天猫は新型小売りの生態ネットワークを通じて、進博会の影響力を展地から実体店舗まで延長し、専攻調達を全国民の購買へ変化した。 今年、天猫国際の相関責任者によると、多くの小・中・大型メイクブランドは第三回の進博会を積極的に準備しており、大量の新しい輸入ブランドは進博会と天猫国際に相次いで登場する。 一方、日猫の国際関係者はまた、加速をアリババに初の博会で輸入を宣言した5年の2000おく億ドルの戦略は、今年5月、日猫の国際輸入米化粧「造新」計画を稼動させ、ロレアル、ジョンソン、ユニリーバなどの大グループの新ブランドふ化協力合意、博会に先発の新作、入居の新ブランドの出展。 天猫国際相関責任者によると、アリババは第一回の進博会で5年の2000億ドル輸入戦略を加速するため、今年5月、天猫国際は輸入メイク「造新」計画を稼働し、ロレアル、ジョンソン、ユニリーバなどの大グループの新ブランド化協力を合意、進博会に先発の新作を発表する。 天猫国際の取り組み 天猫国際は越境EC業務で直接自由貿易区と協力し、基本的な法律リスクを回避した上、法律の保障も獲得している。消費者の注文から到着までの時間を大幅に短縮し、消費者のショッピング需要を満たした。 また、天猫国際ユーザーの活躍度が高く、位置づけが明確である。ブランド側が天猫国際に進出した後、プラットフォームで消費者グループとのマッチングを円滑に進めるため、進博会で出展し、天猫国際を通じるのは海外ブランドの中国進出の第一選択となった。 新型コロナウイルスの影響と現状 今年の上半期、新型コロナウィルスの影響を受け、人々の外出率は全般的に低下し、オフライン店舗の販売実績は明らかに低下した。それに伴って消費者のオンラインショッピングへの意欲が高まり、ネットショッピングの売上高が大きく伸びた。 海外ブランドの進入も加速している。データによると、今年上半期、天猫国際は新しいブランドの導入の増加率が前年同期比64%増加した。今年618の期間中、海外ブランドの成約は前年同期比43%増となり、4000を超える海外ブランドの成約は前年比倍増となった まとめ 現在、いかに特殊な時期にチャンスをつかんで、販売の業績の上升を促進することは、各プラットフォームの考慮すべきことであり、各プラットフォームは政策環境に従って、規則を随時調整すべき。 引用:https://www.ennews.com/article-15642-1.html 【エールジャパン】-越境ECページはこちら- 【エールジャパン】-補助金ページはこちら-

( 続きを読む)


中国広州省上半期の越境EC取引総合試験区の輸出入額 ~175.2億元で全国1位~   

  7月18日『電商報』により、今年1 ~ 6月、広州省は海関越境ECプラットフォームを通じて輸出入175.2億元を実現し、全国1位になっている。全国105の越境EC総合試験区の総輸出入額の約20%を占めている。 広州省越境EC公共サービスプラットフォームは広州全ての港および周辺地域の44の港を含んでいる。越境ECの通関便利化サービスを提供し、輸入商品は基本的に全国のすべて都市に提供されている。輸出貨物は世界中208の国と地域に輸送され、消費者は3億人超えている。華南地区は中国越境ECの最も重要な公共サービスプラットフォームになっている。 今年1-6月、広州省越境EC公共サービスプラットフォームを通じた輸出入件数は9200万件を超えた。一日平均50万件、1秒当たり11名の消費者からの注文の通関を実現した。 『電商報』によると、今年上半期、海関越境EC監督管理プラットフォームの輸出入は26.2%増加した。そのうち輸出は28.7%増加し、輸入は24.4%増加した。 中国海関統計分析長の李魁文は次のように表明した。新しい貿易業態として、越境ECはオンライン取引で、非接触式納品、取引チェーンの短さなどのメリットによって逆に上昇し、対外貿易企業が新型コロナウィルスの衝撃に対応するために積極的な役割を果たした。 引用:http://www.dsb.cn/123898.html 【エールジャパン】-越境ECページはこちら- 【エールジャパン】-補助金ページはこちら-

( 続きを読む)


中国華地域初の越境EC高速海運快線を開通   

  2020年6月23日、塩田国際は中国華南地域初の越境EC海運快線——ZEX(ZIM eCommerce Xpress)を開通した。この快線は塩田(深センの港区)から米国のロサンゼルスまでわずか12日で、中国南部地域と米西岸を結ぶ最速の海運路線になる。 越境EC取引の米国の顧客の増加に伴い、特に世界的新型コロナウィルスの継続により、オンラインショッピングが購買主流となっており、中国南部地域において海運快線の開拓が迫られている。塩田直行海運快線は華南越境EC業務展開の需要を満たすことができる。 このZEXは 5つの船舶で運航を行い、毎週火曜日に塩田に泊まり、貨物を載せた後、水曜日に米ロサンゼルスへ渡る。この回線を通じて中国華南地域から米国西岸に輸出物流の時間は約20%圧缩され、海外消費者の待ち時間を大幅に減らし、越境ECの商品を早く米国市場に届ける。また、深センや周辺の恵州、東莞、珠江の西側の輸出荷主も、復数の連携輸送、組合港などを利用することによって、ZEXと塩田港区の二重の便利さを享受できる。 【エールジャパン】-越境ECページはこちら- 【エールジャパン】-補助金ページはこちら-

( 続きを読む)