越境EC・国内ECのマーケティングのヒントを公開する情報サイト【エールマガジン】        

最新記事

第三回「進博会」が開かれ、海外ブランドが天猫国際に進出   

  独身の日まで3ヶ月となりました。背景には、新型コロナウイルスによる影響で消費が大きく落ち込んでいましたが、リベンジ消費となり、大幅な売上向上につながっています。そんな、中国越境ECの天猫国際の直近の動向について見ていきましょう。独身の日に向けて重要な情報になります。 目次 「進博会」とは? 新ブランドの出店 オンライン優勢 天猫国際の新政策 まとめ 「進博会」とは? 中国国際輸入博覧会のことである。世界初の国際ブランドの輸入をテーマにする国家級展示会であり、貿易自由化と経済のグローバル化を支持し、自ら世界に市場を開放することを目標としている。 新ブランドの出店 天猫国際は中国国際輸入博覧会と縁が深く、第一回進博会に天猫国際は大麦ブランドと共同で「天猫国際世界妙物紀音楽祭」を開催した。 当時、天猫国際はメトロ、インテル、MTG、ヘンケル、レブロンなどを含めた200以上のブランドを推薦し進博会に参加し、一連のオフラインイベントを展開した。天猫は新型小売りの生態ネットワークを通じて、進博会の影響力を展地から実体店舗まで延長し、専攻調達を全国民の購買へ変化した。 今年、天猫国際の相関責任者によると、多くの小・中・大型メイクブランドは第三回の進博会を積極的に準備しており、大量の新しい輸入ブランドは進博会と天猫国際に相次いで登場する。 一方、日猫の国際関係者はまた、加速をアリババに初の博会で輸入を宣言した5年の2000おく億ドルの戦略は、今年5月、日猫の国際輸入米化粧「造新」計画を稼動させ、ロレアル、ジョンソン、ユニリーバなどの大グループの新ブランドふ化協力合意、博会に先発の新作、入居の新ブランドの出展。 天猫国際相関責任者によると、アリババは第一回の進博会で5年の2000億ドル輸入戦略を加速するため、今年5月、天猫国際は輸入メイク「造新」計画を稼働し、ロレアル、ジョンソン、ユニリーバなどの大グループの新ブランド化協力を合意、進博会に先発の新作を発表する。 天猫国際の取り組み 天猫国際は越境EC業務で直接自由貿易区と協力し、基本的な法律リスクを回避した上、法律の保障も獲得している。消費者の注文から到着までの時間を大幅に短縮し、消費者のショッピング需要を満たした。 また、天猫国際ユーザーの活躍度が高く、位置づけが明確である。ブランド側が天猫国際に進出した後、プラットフォームで消費者グループとのマッチングを円滑に進めるため、進博会で出展し、天猫国際を通じるのは海外ブランドの中国進出の第一選択となった。 新型コロナウイルスの影響と現状 今年の上半期、新型コロナウィルスの影響を受け、人々の外出率は全般的に低下し、オフライン店舗の販売実績は明らかに低下した。それに伴って消費者のオンラインショッピングへの意欲が高まり、ネットショッピングの売上高が大きく伸びた。 海外ブランドの進入も加速している。データによると、今年上半期、天猫国際は新しいブランドの導入の増加率が前年同期比64%増加した。今年618の期間中、海外ブランドの成約は前年同期比43%増となり、4000を超える海外ブランドの成約は前年比倍増となった まとめ 現在、いかに特殊な時期にチャンスをつかんで、販売の業績の上升を促進することは、各プラットフォームの考慮すべきことであり、各プラットフォームは政策環境に従って、規則を随時調整すべき。 引用:https://www.ennews.com/article-15642-1.html 【エールジャパン】-越境ECページはこちら- 【エールジャパン】-補助金ページはこちら-

( 続きを読む)